Blog&column
ブログ・コラム

社会福祉士の仕事内容とは?

query_builder 2022/07/01
コラム
43
社会福祉士は、名前は聞いたことがあってもどういった仕事内容なのかよくわからないという方は多いのではないでしょうか。
そういった方のために、社会福祉士の仕事内容をご紹介しましょう。

▼社会福祉士の仕事内容は?
社会福祉士とは、何らかの理由で福祉の手を必要としている方の相談にのったり、必要なサービスや施設などを紹介したり、関係機関との調整をしたりする仕事です。
社会福祉士はソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。
ソーシャルワーカー自体は資格がなくてもできますが、社会福祉士の資格を持っていることは、高いスキルを持っていることの証明となり、就職で有利になります。

▼社会福祉士が活躍する場所
社会福祉士が実際に働く現場は、主に以下の3つです。

■介護の現場
高齢者や障害者の介護施設では、利用を希望する方や家族からの相談に対応します。
利用する方の状態に合わせて施設を移動する際は、連絡調整などを行うこともあります。

■医療の現場
医療機関で働く社会福祉士は、医療ソーシャルワーカーと呼ばれます。
医療ソーシャルワーカーの求人は、社会福祉士の資格を持っていることが条件となることがほとんどです。
療養中や入院中の患者やその家族が抱える問題に対し、適切な支援を行います。

■福祉の現場
障害者施設や児童相談所など幅広い福祉施設にて相談業務を行います。
行政の福祉に関する相談窓口で相談に応じる仕事を担うこともあります。

▼まとめ
福祉サービスの多様化により、社会福祉士のニーズは高まっています。
当社でもスタッフを募集しており、社会福祉士の資格を持つ方を歓迎しております。
経験は問いませんので、お気軽にご応募ください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE