Blog&column
ブログ・コラム

就労継続支援b型とa型の違いは?

query_builder 2021/09/28
コラム
16
就労継続支援にはb型とa型がありますが、その違いはどこにあるのでしょうか。

▼対象者の違い
就労継続支援b型とa型は、どちらも障害や疾患などのため一般企業への就職が難しい方のためのサービスです。
しかし対象者は少々異なります。
就労継続支援a型は、

・就労移行支援事業を利用したものの、一般企業への就職がかなわなかった方
・特別支援学校を卒業して就職活動を行なったものの、雇用されなかった方
・一般企業での就労経験があるものの、現在は雇用されていない方
・年齢が18歳以上64歳未満の方
などが対象者となっています。

一方就労継続支援b型は、
・事業所による雇用契約も難しい方
・年齢や体力などに問題があり一般企業への雇用は難しくなった方
・50歳になっている、または障害基礎年金1級を受給している方
・上記には当てはまらないものの、事業者などの聞き取りで課題が判明している方
などが対象です。

なおb型には年齢制限はありません。

▼雇用契約の違い
b型とa型の大きな違いの一つに、雇用契約があります。
b型は事業所と雇用契約を結ばないため、自由な利用の仕方ができますが、a型の場合雇用契約を結ぶため、働く時間が決められています。

▼賃金の違い
b型は雇用契約を結ばないため、賃金ではなく工賃をいただきます。
一方a型は働いた時間に合わせて賃金をいただきます。

▼まとめ
就労継続支援b型とa型は、対象者や契約の仕方などに違いがあります。
それぞれの状況に合わせたサービスを利用しましょう。
当社では就労継続支援b型を運営しております。
スタッフも募集しておりますので、ご興味のある方はご応募ください。

NEW

  • 障害にはどんな種類があるの?

    query_builder 2021/12/01
  • 多機能型支援センターとは?

    query_builder 2021/11/15
  • 子育てと仕事を両立させるコツとは

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE