Blog&column
ブログ・コラム

放課後等デイサービスを利用するのに必要な受給者証とは

query_builder 2021/08/28
コラム
8
放課後等デイサービスを利用するには、受給者証が必要です。
受給者証とはどういったものなのか
▼受給者証とは解説していきます。
受給者証とは、放課後等デイサービスなどの障害児通所支援のサービスを利用するために必要な証明書で各自治体から発行されます。
受給者証があると、多くの利用者の利用料が1割負担となります。

▼受給者証の取得条件
受給者証の取得は、医師などから療育が必要だと判断されると認められます。
療育手帳や障害者手帳がなくても取得可能です。

▼受給者証の取得手順
では次に、受給者証の取得手順を見ていきましょう。

?窓口に相談
各自治体で定められた窓口に、放課後等デイサービスを利用したい旨を伝えます。
その際、医療機関などを受診していない場合は医療機関を紹介されることも。

?必要書類を提出
必要書類を揃え、各自治体の窓口に提出します。

?審査・受給者証発行
様々な審査の結果、必要性が認められると受給者証が発行されます。

なお受給者証の申請と同時に、いくつかの放課後等デイサービスを見学しておくことをおすすめします。
人気の放課後等デイサービスは空きがないことも多いため、早めに問い合わせておくことが大切です。

▼まとめ
放課後等デイサービスの利用には、受給者証が必要です。
受給者証の発行までには時間がかかりますので、同時に放課後等デイサービスの見学などを進めておくこともおすすめします。
当社でも放課後等デイサービスを運営しております。
スタッフも募集しておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

NEW

  • 就労継続支援b型の利用に必要な就労アセスメントとは

    query_builder 2021/10/15
  • 就労継続支援b型の利用の手続きは?

    query_builder 2021/10/08
  • 就労継続支援b型の利用に必要な書類や利用までの流れ

    query_builder 2021/10/01
  • 就労継続支援b型とa型の違いは?

    query_builder 2021/09/28
  • 就労継続支援b型の目的とは?

    query_builder 2021/09/25

CATEGORY

ARCHIVE