Blog&column
ブログ・コラム

放課後等デイサービスの利用条件とは

query_builder 2021/08/11
コラム
2
放課後等デイサービスは、障害や発達に特性を持つ子どものための施設です。
利用条件にはどのようなものがあるのでしょうか。

放課後等デイサービスとは
放課後等デイサービスは、2012年に児童福祉法に基づき創設された施設です。
幼稚園、大学以外の学校に通う子どもが放課後や学校休業日に利用し、活動を通して個々の成長が促されることを目的としています。

放課後等デイサービスの対象
放課後等デイサービスが利用できるのは、6歳から18歳の学校に通っている子どものうち、受給者証を取得している子どもです。
障害者手帳や療育手帳などを持っていない子どもでも、受給者証を取得できれば利用可能です。

▼利用回数の上限
放課後等デイサービスは、子どもの状況ごとに利用の上限回数が決められています。
子どもの障害の状況や家庭環境などから、受給者証を発行する際にそれぞれ上限が定められます。
上限回数内であれば、施設の掛け持ちなど利用の仕方は自由です。

▼児童発達支援との違い
放課後等デイサービスと似た施設に、児童発達支援があります。
児童発達支援と放課後等デイサービスの違いは、利用できる年齢にあります。
児童発達支援を利用できる年齢は、0~6歳までの未就学児です。

▼まとめ
放課後等デイサービスは、受給者証を持つ6歳から18歳までの就学している子どもが通える施設です。
当社でも放課後等デイサービスを運営しており、現在スタッフを募集しております。
仕事と家庭の両立をしやすい職場ですので、資格を生かして働きたい方はぜひご応募ください。

NEW

  • 就労継続支援b型の利用に必要な就労アセスメントとは

    query_builder 2021/10/15
  • 就労継続支援b型の利用の手続きは?

    query_builder 2021/10/08
  • 就労継続支援b型の利用に必要な書類や利用までの流れ

    query_builder 2021/10/01
  • 就労継続支援b型とa型の違いは?

    query_builder 2021/09/28
  • 就労継続支援b型の目的とは?

    query_builder 2021/09/25

CATEGORY

ARCHIVE